楽しむ

スペイン人はお祭り好きですから、マラガにももちろんお祭りや行事などはたくさんあります!

そんな中から、ザ・スペインというものやぜひ体験して頂きたいものをピックアップしていきます!

 

Feria (フェリア)

開催時期:8月中旬(毎年)   開催期間:約9日間

※新型コロナウイルスの影響により、2020年は中止

 

フェリアは、スペイン各地で行われる祭りですが、各都市によって日程が

異なりマラガでは8月に開催されます。中でも、マラガのフェリアは、国際

的に有名でとても大規模です!

 

期間中は、1週間朝から夜中まで祭りが続きます。街中ではギターなどの

演奏が響き、その場にいる人達が踊り出す場面をたくさん目にします。

女性たちは、フラメンコ衣装を着て出掛けるので、これぞスペイン!と

言った雰囲気が味わえるお祭りなんです。

マラガの中心地と郊外の2ヵ所で開催され、郊外の方ではジェットコース

ターや観覧車などがオープンし、屋台も出るので大人から子供までみんな

が楽しめます!

 

また、この祭りでは、Cartojal(カルトハル)という白ワインをキンキンに冷やして飲むのが定番です。本当にみんなこればかり飲んでいます。(笑) 普通の白ワインと違って、甘めで冷やすとサッパリしているので、真夏の暑い日に飲むのは格別です~!

Semana Santa (セマナ・サンタ / 聖週間)

開催時期:3月末から4月上旬頃(毎年変動)      開催時期:1週間

※新型コロナウイルスの影響により、2020年は中止
 

聖週間は、キリスト教における復活祭(イースター)に先立つ1週間に行われる伝統行事です。カトリック教徒が多いスペインでは、この行事がとても大事な位置づけにあります。

キリストが復活した日が「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」なため、毎年開催時期が変わります。この1週間のうちに、キリストの受難や死、そして復活までを表した聖行列が街中を練って歩きます。

聖行列とは、日本で言うお神輿のようにキリスト像、マリア像をその街の男たちが担ぎ、その前方にはとんがり帽子と衣装を着た信徒会が歩きます。この衣装は、まるで魔法使いのようでとても印象的です!

そして列後方には、マーチバンドのような楽器隊も同行するため、その音楽を背後に聖行列を見ていると、神秘的な気分になります。

 日によってストーリーがあり、キリスト像やマリア像、音楽なども変わってきます。例えば、キリストが処刑されたとされる金曜日はキリストの死に涙を流すマリア像が歩き、その翌日(土曜日)はもうキリストが死んでしまっているため聖行列は一つも行われません。そして、復活の日曜日にはキリストの復活を祝う聖行列が現れます。

 

プチ情報として、この聖週間の時期に食べられる定番のお菓子があります。トリハス(Torrijas)という、スペイン版フレンチトーストのようなものです。はちみつやシナモンなどをかけて食べます。ぜひこの時期に訪問予定の方はお試し下さいませ! 

​お問合せ      |      tatsuya@muchamalaga.com      |      (+34) 633 424 313

© 2015-2020   by ムーチャマラガ