訪ねる -近隣都市へ-

マラガはアンダルシアの真ん中に位置し、その立地からマラガ空港はハブ空港にもなっています。

つまり、マラガから他都市へのアクセスが良く、日帰りで観光に行くこともできます!

 

また、スペイン内は公共機関(バス及び電車)がよく整備されているので、都市間の移動も楽々です。

ここでは、マラガから訪問可能な近隣都市の特長や行き方について、紹介します!

ネルハ -Nerja-

 

ネルハは、マラガの東に位置する海沿いの小さな街。

大きな岩場に囲まれたビーチがいくつもあり、海の色は透き通ったブルー、多くの人がその美しい景観を求めて訪れます。海岸の中央部には、「ヨーロッパのバルコニー」と呼ばれる地中海を一望できる展望台があります。

また、ネルハから3kmほど行ったところには、Cueva de Nerja(クエバ・デ・ネルハ)というとてもでかい鍾乳洞があり、2万年前の壁画やクロマニヨン人の住居跡なども保存されている。

 

ネルハへの行き方

マラガ・バスステーション、もしくはマリーナ広場目の前のバスターミナルからALSA社のCueva de Nerja行きのバスに乗り、約1時間15分。鍾乳洞に行く場合はネルハで下車せずに終点で降りる。

ALSAのホームページ(英語)で時刻表や運賃が確認できます!

フリヒリアナ -Frigiliana-

 

ネルハから山をバスで15分ほど登った所にある人口3000人ほどの小さな村。

ここは村中の家、全てが白く塗られています。これはアンダルシアの村の特長であり、40℃近くなる真夏に室内での暑さを抑えるため、と言われています。また、家の壁には花がたくさん飾られ、家のドアはそれぞれが違った色に塗られ、空には澄み切った青が広がり、村に足を踏み入れるとまるで絵の中に入ったようです。その美しさから、かつて"スペインで最も美しい村"に選ばれたこともあります!

山の上にあるため、展望台からは地中海も一望できます。

 

フリヒリアナへの行き方

ネルハのバス停留所(マラガからネルハに到着する所)から、フリヒリアナ行きのバスに乗って終点で下車。

 ●ネルハ→フリヒリアナ (月~土、*は月~金のみ)

  07:20 | 09:45 | 11:00* | 12:00 | 13:30 | 15:00 | 16:00* | 19:00 | 20:30 

 ●フリヒリアナ→ネルハ (月~土、*は月~金のみ)

  07:00 | 08:00 | 10:30 | 11:30* | 12:45 | 13:45 | 15:30* | 16:30 | 19:30 | 21:00

 

グラナダ -Granada-

 

アンダルシアで最も多くの観光客が訪れる都市、グラナダ。

一番の見所はなんと言っても、アルハンブラ宮殿。ギターの名曲「アルハンブラの思い出」で知ってる方も多いのではないでしょうか?もしもアルハンブラに行かれる場合は、事前にインターネットでのチケット予約をオススメします!人気なので事前予約なしでチケット入手するのは、結構厳しいです。

また、宮殿内はもちろんですが、もう一つオススメとしてアルハンブラを一望できるスポット、サン・ニコラス展望台(Mirador de San Nicolas)に足を延ばしてみて下さい。

グラナダは、"飲み物を頼むとタパスが一品無料で付いてくる”という今ではスペインでよく見掛けるシステム発祥の町であり、ほとんどのバルがそうなっています。なので、安く美味しく食べ飲みできるのも、グラナダの良いところの一つです!!

 

グラナダへの行き方

マラガ・バスステーションからALSA社のグラナダ行に乗り、1時間45分前後。

ALSAのホームページ(英語)で時刻表や運賃が確認できます!

アンテケーラ -Antequera-

 

アンテケーラは、アンダルシアのほぼ中心に位置し、その立地上、かつてから多くの旅人達が通る場所であり"アンダルシアの心臓”と呼ばれています。

この町には、マラガにある世界文化遺産の80%が存在しています。その中でも見どころはなんと言ってもTorcal(トルカル)という絶景ポイントです。約200万年前、ここはかつて海で動物の骨や貝などが堆積されていましたが、やがて海がなくなり、長い年月をかけて風や水などでその堆積物が浸食され現在ではこのような奇形になっています。自然が造り出したこの景色は一見の価値ありです!

他にも、恋人達の岩石と呼ばれる人の顔の形をした山や国定記念物になっているサンタ・マリア・ラ・マヨール王立参事会教会などなどあります。また、マラガのタパスコンクールで受賞したレストランもあるので、美味しい食事も頂けます~!(しかも、そこには日本語を話すスペイン人がいます!!)

 

アンテケーラへの行き方

マラガ・バスステーションからALSA社のバスに乗り、約1時間。

ALSAのホームページ(英語)で時刻表や運賃が確認できます!

セビリア -Sevilla-

 

セビリアは、アンダルシアの首都です。かつては、万博が行われたことも!街自体はとても整備されていて、路面電車も走っています。そんなセビリアの観光スポットは、こちら!

●カテドラル:セビリアのカテドラルはスペインで一番大きく、ヨーロッパ内の聖堂の中でも3番目の大きさを誇ります。また、ここにはコロンブスの遺骨も眠っています。隣接するヒラルダの塔は高さ97mあり、70m地点にある展望台からはセビリアが一望できます!

●スペイン広場:この広場は、あの有名映画スター○ォーズの撮影にも使われた場所です!建物は宮殿のようであり、スペイン各県の特徴やシンボルを記したタイル張りのベンチも色鮮やかに広場を装飾しています。

●他にもアルカサル(イスラム時代の城)や旧タバコ工場のセビリア大学キャンパスなどなどたくさん名所はあります!

 

セビリアへの行き方

マラガ・バスステーションからALSA社のセビリア行に乗り、約2時間45分。

ALSAのホームページ(英語)で時刻表や運賃が確認できます!

ロンダ -Ronda-

 

断崖絶壁の上にある町、それがロンダです。

この絶壁は、この一帯を流れる川による浸食で出来ました。この高さ100mはあるであろう断崖絶壁の上から見る景色は壮大で息を飲んでしまいます。また、ロンダは旧市街・新市街に別れているのですが、その二つを分けるヌエボ橋も崖の下まで伸びており、その構造はぜひ見ておかれるのをオススメします!

ロンダも歴史ある古い街なので、アンダルシア風の白い家が立ち並んでいます。また、ロンダにある闘牛場はスペインで最も古いものです。

 

ロンダへの行き方

マラガ・バスステーションからAvanza/Portillo社の乗り、約3時間。

Avanza/Portilloのホームページ(英語)で時刻表や運賃が確認できます!

​お問合せ      |      tatsuya@muchamalaga.com      |      (+34) 633 424 313

© 2015-2020   by ムーチャマラガ